077-592-2518

営業時間:10時~18時 定休日:月曜日

滋賀県大津市木戸1008

岩崎政雄について

岩崎政雄の代表的な作風である梅花皮は、釉薬と巧みな技法で制作する個性的な作品で長年の作陶史から多くのものを削ぎ、偶然と必然から生まれた岩崎独自の『龍爪梅花皮(りゅうそうかいらぎ)』と 呼ばれます。

毎日の暮らしの中で花を活け料理を盛り、飾るだけの器ではなく、人々に寄り添い洗練された器としてお使い戴けますよう、これからも用の美であり続けたいと思っています。

Our aim is to combine beauty and practicality, creating sophisticated works which are not merely decorative, but take their rightful place as objects ob quality to be used and appreciated in everyday life.

Individualy glazed works created with craft and skill, our own "Rysokairagi" is distilled from many years experimentation and application.

作陶風景

陶歴

肖像写真
1952年
埼玉県児玉郡生まれ
1971年
京都府宇治市炭山工芸村
河島浩三氏に師事
1975年
京都府宇治市炭山にて独立
1980年
京都府宇治市西笠取に築窯
以後、独自の日常食器の制作に励む
1995年
滋賀県大津市木戸に築窯
2008年
龍爪梅花皮の作陶を始める
以後、黄檗山萬福寺、ギャラリー空、他にて展覧会
Master potter Masao Iwasaki - Personal history

1952 Born in Saitama Prefecture

1971 Studied under Kozo Kawashima (Traditional craftsman) in Uji-city, Kyoto

1975 Started his own pottery in Sumiyama, Uji-city, Kyoto

1980 built a kiln in Kasadori, Uji-city, Kyoto
Thereafter, ongoing design and creation of unique works for household use

1995 Moved to Kido, Otsu-city in Shiga prefecture and built a new kiln

2008 Created Ryusokairagi
Exhibitions are regulrly held at Oubakusan-Manpukuji temple, galleries and other locations.