077-592-2518

営業時間:10時~18時 定休日:月曜日

滋賀県大津市木戸1008

  • 龍爪梅花皮(りゅうそうかいらぎ)の花瓶
  • 龍爪梅花皮(りゅうそうかいらぎ)の器
  • 龍爪梅花皮(りゅうそうかいらぎ)を育む環境

龍爪梅花皮(りゅうそうかいらぎ)

岩崎政雄は、比良山系に抱かれ琵琶湖を望む近江の地に、1995年、京から窯を移し新たな作陶を始めました。

数百年の歴史を持つ井戸茶碗の特色の一つと言い伝えられている土と釉薬を高温で焼く際、偶然に細かなちぢれが現れる梅花皮(かいらぎ)。

岩崎は、従来の梅花皮を作陶する中で、今迄とは異なる力強い梅花皮を生み出しました。

湖西は殊のほか雨が多く、比良山の稜線に降り注ぐ雨と稲妻、天を裂き、湖に挑むように突き刺さる光線を目の当りににし、その様にあたかも雨で煙る空を龍の爪で引っ掻いた力強さを感じ、試行錯誤の末、艶やかな乳白の肌に焦茶の大胆な縮れ文様を表現し、品格と迫力を携えた梅花皮の制作を始め『龍爪梅花皮(りゅうそうかいらぎ)』と名付け、他に類を見ない岩崎独自の手法とし、現在に至っています。

Ryusokairagi

In 1995, master potter Masao Iwasaki relocated his kiln from Kyoto to Kossei in the Omi region, an area embraced by the Hira mountain range and overlooking Lake Biwa.

The Kairagi style displays a finely cracked glaze from firing in a hight-temperature kiln, which is a feature of Japanese tea ceremony cups with their hundreds of years of history.

While contiuing to produce traditional pieces, Masao Iwasaki has created new, dynamic works in the Kairagi style.

Storms often come to Kosei, thunder and lightning playing on the ridges of the Hira mountains. The heavens open and light stabs down at the lake, dragonlike power raking its talons across the rain-drenched sky. This clawlike pattern is reflected in the dark brown markings on the milky white glaze of "Rysokairagi", created with dignity and power by master potter Iwasaki's unique craftsmanship.

作陶展のご案内

表紙イメージ
龍爪梅花皮 岩崎政雄 展
会期:
2017年4月11日(火)~23日(日)
   ※17日は定休日
時間:
11:00~17:30
   (最終日は17:00まで)
会場:
ギャラリー唯
   京都市左京区岡崎円勝寺町91
   グランドヒルズ岡崎神宮道1F
   Tel/Fax 075-752-0348
問合先:
岩崎三知子まで(090-3845-2110
   ※詳しくはこちらパンフレット

お知らせ

2017年4月4日
フラワーアートアワード2017 「花器」作家エキシビション
会期:4月12日(水)~6月1日(木)
会場:東京ミッドタウン“ガレリア”柱ショーケース
※龍爪梅花皮の花器がイベントに参加します。
2017年2月27日
龍爪梅花皮 岩崎政雄 展
日にち:2017年4月11日(火)~23日(日) ※17日は定休日
とき:11:00~17:30 (最終日は17:00まで)
ところ:ギャラリー唯
2016年9月15日
岩崎政雄 作陶展 ~龍爪梅花皮~
日にち:2016年10月20日(木)~25日(火)
とき:10:00~17:00 (最終日は15:00まで)
ところ:黄檗山萬福寺
2016年8月1日
岩崎政雄 作陶展 ~龍爪梅花皮~
日にち:2016年9月6日~8日
ところ:ギャラリー 空・鍵屋